特商法における書面や解約に関する違約金について

NO IMAGE

特商法で適用される書面は色々とありますが、それそれ法定書面として扱われます。
フォーマットや記載内容をあらかじめ把握しておき、書面の効力などを理解しておくといいでしょう。
法定書面は交付義務がしっかりと特商法で定められており、通信販売以外では法定書面が必要となります。訪問販売や訪問購入そして電話勧誘販売では交付される書面は申込と契約関連が行われ、特定継続的役務提供や連鎖販売取引そして業務提供誘因販売では概要を記載したり契約書として書面交付が特商法では義務付けられています。

各書面で記載すべき内容は特商法で細かく決められていて、必ず記載しなければ効力を発揮しません。例えば商品やサービスに関する種類や対価、提供する事業者の名称や実際に消費者が購入する時には支払いや返品方法が記載されていなければなりません。

また返品についてはクーリング・オフが適用される期間などを記載しなければならず、特定継続的役務提供や連鎖販売取引では利用中の中途解約も該当するので記載しなければなりません。中途解約では違約金が発生することもあり、その内容を記載する時には上限規制に引っかからないように設定していなければなりません。

例えば契約期間が1ヶ月以上で5万円以上の契約金額となるエステサロンの契約が合った場合、サービス開始後に中途解約をすれば違約金として提供した分の対価に相当する金額や契約残額のいくらかを請求することができません。

これ以上の違約金が発生する時には特商法違反となるので、書面は事前にしっかりとチェックしておくことが重要です。支払った額は全額戻らないと記載されていれば、どうしてもトラブルになってしまいます。そうならないように、契約前に書面で記載されている内容を把握して締結するか検討することも必要です。

法定書面ではフォントの大きさも求められ、わかりやすい大きさなどになっていることが重要です。
サイズは8ポイント以上で、目に留まるように記載されていなければなりません。時には非常に小さい文字で支払いなどに関する内容を記載しているケースもありますが、それは特商法違反となります。
またクーリング・オフ関連は、必ず赤枠の中に赤字で記載されていなければなりません。

厳しく特商法では法定書面について記載するように配慮されており、怠ればトラブルに発展してしまいます。
解約や返金でトラブルに発展しないように、しっかりと法定書面を確認しながら対応していくようにしましょう。